【野良猫を飼う人へ】飼う前に必ずやるべき『5つの準備』とは?

猫を飼う準備

あなたは野良猫を拾うことに抵抗を感じますか?

そしてその野良猫を飼う場合、どんな準備が必要だと思いますか?

飼い猫と野良猫にはどのような違いがあるのでしょうか。

その他にも病院に連れていくべきか、どれぐらいお金がかかるかなどの不安要素を取り除いていきましょう。

野良猫とは

野良猫とは単純に『飼い主の居ない猫』のことを呼びます。

外の世界で縄張りを作り、ゴミを漁ったり人間から餌を貰ったりして生きています。基本的に去勢や避妊はしておらず、ほとんどの野良猫は人間にも懐きません。

その他にも野良猫を減らす目的や、人が町で暮らしやすい環境を目指すために地域の人々がお金を出し合って病院に連れて行ったり、去勢不妊手術を行ったり、餌をあげたりして生きている猫のことを『地域猫』と呼んでいます。去勢不妊手術が行われた猫の耳の先端に逆三角形の切込みが入れてあれば、地域猫として判断が可能です。

人間が暮らしている環境で野良猫がさまざまな問題を起こすことにより、事態は深刻化をして毎年多くの猫が保健所に捕獲されています。中でも産まれたばかりの子猫は、保健所に連れて行かれたら即殺処分の対象になると言われています。

こんなにも命が軽視されている中で、世の中にはペットショップなどで命をお金で買う人も居るぐらいですから、不思議なものです。

捕獲された野良猫の運が良ければ里親が見つかるかもしれません。生まれたばかりの野良猫の子猫をたまたま拾うかもしれません。怪我をして動けなくなった野良猫の面倒をそのまま見続けることになるかもしれません…。

では野良猫を実際あなたが飼うことになった場合、どのような準備が必要になってくるのでしょうか。

野良猫を飼う前にやるべき5つの準備

よく餌付けをしていて元からあなたに野良猫が懐いているのでしたら、さほど受け入れに問題はないのですが、懐いていない場合は、信頼関係が全く生まれていないので困難が予想されます。

まずは一つ一つしっかりと野良猫を受け入れる準備をしていってください。野良猫から信用を得る努力をしていきましょう。

① 餌付け

外で見かけた野良猫と距離を縮める為に得策なのは餌付けをすること。(野良猫を飼う気がない人は餌を与えないようにしましょう)

最初は警戒心むき出しで、一定の距離を保って安全と思わなければ餌を口にすることはありません。何日も時間をかけて少しずつ距離を狭めて餌をあげるようにしてください。

距離が近くなったからと言って、すぐに触ろうとしては逆効果です。猫から歩み寄ってきてくれるときをしっかりと待ちましょう。

② 匂いに慣れさせる

あなたとの距離が縮まったのなら、今度は室内で餌をあげるようにしてみましょう。外と室内とでは、目で見る風景も聞こえてくる音も、180度変わって見えることでしょう。

犬ほどではありませんが、猫の嗅覚はとても優れています。嗅ぎなれない匂いを嗅いで、余計に怯えてしまうかもしれません。まずはあなたの身に着けている洋服などをそばに置いて、少しずつ慣れてもらいましょう。

そしてトイレはすぐに設置してあげてください。自分の匂いを確認できる場所があると、猫はとても安心してくれます。

③ 病院に連れていく

野良猫を拾うリスクとして、何かしらの病気を持っている可能性が高いです。

不衛生な場所で暮らす野良猫には、様々な寄生虫が身体に住み着いていることがほとんどです。ダニ、ノミ、回虫は必ず居ると思っていた方が良いかもしれません。

獣医さんに野良猫と伝えた上で検査をしてもらいましょう。必要最低限の診察と処方をしてくれるはずです。

同日でなくても大丈夫ですが、ワクチンの接種去勢不妊手術も忘れずに行ってください。

余談ですが、猫は身体の自由を奪われることを嫌います。

野良猫の場合、その意識は飼い猫以上に強いと思うので、キャリーバッグに大人しく入らない場合などには、洗濯ネットに入れて、優しく撫でて声をかけながら連れて行ってあげてくださいね。

④ お風呂に入れてあげる

病院に行って怪我をしている箇所などがなければ、お風呂で綺麗にしてあげましょう。

このときお湯の温度にご注意を。猫の平均体温を少し下回る程度のぬるま湯を意識しましょう。

シャンプーは猫専用の物を用意してあげてくださいね。猫はとてもデリケートなので、洗っているときに耳に水が入らないようにしてあげてください。炎症を起こしやすくなってしまうのでご注意を。

乾かすときはタオルドライがベストです。ドライヤーは音が大きく怖がりますので、暖かい部屋で自然乾燥が望ましいです。

⑤ お金の用意

病院に連れて行く、ワクチンの接種、去勢不妊手術などでの通院費は病院によって金額も違います。評判金額などを考慮して病院は選ぶことをオススメします。

野良猫を拾う=飼うことにあたって、人間の経済力は必要不可欠です。猫の人生を背負うことを決めたのなら、お金が無くなったから猫も飼うことが出来ないなどという御託は通用しません。

その他にも受け入れの準備に必要な餌、トイレ、キャリーバッグ、猫用シャンプーなど、日々の暮らしに必要な備品も用意しないといけません。

一般的に猫を飼うにあたっての初期費用は5万円〜10万円と言われています。

毎月必ず必要不可欠な出費と言えば、餌代トイレ用品代です。こちらは月に一匹あたり平均3千円〜5千円かかると言われています。一年間に6万円、十年で60万円ほどの出費となります。この金額にプラス、病気などを発症した場合は更に出費がかさみます。

野良猫を飼うということは、経済面でもしっかりと支えていく準備が必要と言えるのです。

さいごに

野良猫を拾う、そして飼うということは、沢山の困難に直面することがあるかと思います。

病院やお金の重要性もよく考えた上で、野良猫と暮らすことを決めてください。

動物の命が軽視される中で、野良猫を選んだ優しいあなたの気持ちは、きっと拾ってもらった子にも伝わる日が来ることでしょう。

この世から不幸な命を無くすために、一匹でも多くの命を救うために、今の自分に出来ることを考えてもらえるきっかけになってくれれば、と思います。