【猫を飼う3つの方法】飼うときの準備、注意点、お金について

猫を飼う準備

見てるだけで愛くるしい猫と毎日一緒に暮らせたら、とても幸せですよね。

猫を飼いたい、と思ったらまずどこで探せば良いのでしょうか。

また、飼ってみたいと思った猫と出会えても、様々な準備や注意すべき点があります。

猫と出会うにはどんな方法があるのか、実際に飼うときの注意点などをご紹介します。

猫を飼う3つの方法

猫を飼うには、まずどこかで猫と出会わなければなりません。

いきなり猫を拾ってしまった!という状況以外は、自ら進んで猫との出会いを探す必要があります。最近では捨て猫を見つけて飼育する…というシチュエーションは随分少なくなってきたように思えます。

では猫と出会うためには、どんな方法があるのでしょうか。

① ペットショップ

誰でも気軽に行けて、純血種の猫が飼いたいと思っている方が猫を購入出来るペットショップ。

ただ猫を購入するだけではなく、店員さんが飼い方をアドバイスしくれたり、その場で必要なグッズを集めたりすることも出来ます。

ペットショップのデメリットは、幼少期から閉塞的な場所に閉じ込められていたせいで、ストレスを感じやすい性格になっている子が居ることです。

ペットショップであれば健康状態は安心、というわけではないので、健康状態をしっかりと確認しましょう。

② 里親募集や愛護団体

最近ではインターネットの普及もあり、里親募集や愛護団体と直接交渉が出来る方法もあります。

里親募集や愛護団体から譲り受ける場合は、いくつかある方法の中でも費用を抑えて飼い始めることができます。他にも、殺処分が予定されている猫を救える、という点でもメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては飼い始めるまでに、条件を満たす必要があることや、譲渡者とマメに連絡する必要があることです。

譲渡者もしっかりと猫を飼ってくれる人なのかどうか見極める必要があるため、慎重なところがあります。丁寧に対応して、ちゃんと猫を育てられることを証明しましょう。

③ 捨て猫を保護する

最近ではあまり見られない方法ですが、捨て猫を保護する可能性もゼロではありません。

危機的な状況である子猫を保護して、大きくなるまで育てるとなれば、飼い主さんとの絆は大きなものになります。出会ったときのエピソードも、いつまでも心の中に残ることでしょう。

捨て猫を飼うことの大きなデメリットは病気に感染している恐れがあることです。他にもワクチンの接種や、去勢・避妊など費用が重なります。

しかし、これらを怠ると猫が病気になってしまうことや、多頭飼育による問題が発生してしまうことがあるので、注意が必要です。

猫を飼う注意点

いざ、猫を飼うことが決まったとしても、迎え入れる体制が整っているかどうかも大切です。

せっかく、家に猫がやってきたのに、不自由をさせてしまうと、猫は大きなストレスを抱えて体調を崩してしまうでしょう。

そんなことにならないよう、猫を飼うために注意すべき点を確認しておきましょう。

住居の環境

まずはご自身の住居で、実際に猫を飼うことが出来るかの確認が必要です。自分の住む家が持ち家であれば家族の同意が必要なぐらいですが、賃貸にお住まいでしたらペットの飼育が可能か契約内容の確認をしましょう。

最近ではペットとの同居を売りにしている賃貸も沢山存在しているので、引っ越しを考えているのであれば、ペットの飼育可能な家を選びましょう。ペットの飼育が禁止されている賃貸では、飼育していることが判明した際に強制退去を迫られたり、契約違反金を取られたりする可能性もあります。

また、飼育可能な賃貸でも退去時に部屋の壁がボロボロになっていたり、匂いが酷くなっていたりする場合には、ルームクリーニング費用を多くとられることもあるそうです。敷金だけで賄えない場合には、実費で負担しなくてはいけません。

他にも、電気コードやストーブ、お風呂の水も注意する必要があります。電気コードは猫がじゃれて感電する恐れがあり、ストーブは猫がやけどしてしまうこともあります。お風呂については猫が足をすべらせて溺れてしまうこともあるので、注意しましょう。

また、家を空ける時間が多い方は、猫が寂しい想いをさせない工夫をすることも必要です。

猫を飼う費用

猫は他のペットに比べて費用がかからない生き物ではありますが、それでも飼う限りは様々な費用が発生します。

まずは、食器やトイレ、爪とぎのような猫が生活する上で必要なグッズです。他にもおもちゃやキャットタワーがあれば、猫のストレス軽減につながるため、ぜひとも揃えておきたいグッズです。

次にワクチン接種や去勢・避妊手術のような医療費にも注意を払いましょう。これらは猫の健康を維持する目的はもちろん、猫が発情期に抱えてしまうストレスや多頭飼育の問題につながることを防ぐと言われています。

ワクチン接種には病院にもよりますが、約3千円〜1万円程で摂取が可能です。去勢・避妊手術はオスとメスで金額が異なりますが、オスは約1万5千円、メスが約3万円と言われています。

猫の餌代についてはそれほど高額ではありません。猫一匹に対して5千円程を見ておけば十分でしょう。

飼い主の気持ちの注意点

猫は身体が小さく、か弱い生き物です。しかし、人間と同じように価値ある命を宿した生き物であることに違いはありません。

猫を飼うということは、あなたはその命を一生預かるという気持ちで、猫と付き合っていかなければいけません。

それは同時に『最期を看取る覚悟』もしっかりと持たなくてはいけません。

人間よりも寿命が短い猫が毎日を幸せに暮らせるように、最後までしっかりと面倒を見てあげてください。

まとめ

猫を飼う方法はペットショップや里親募集など、きっかけは様々ですが、何と言っても飼ってからが重要です。

どんな出会い方をした猫であれ、暮らす環境によって性格や健康状態に大きな影響が出るでしょう。

猫が快適に過ごせる環境を心がけて、愛情を持って育てましょう。