【猫の熱中症対策】夏に向けて飼い主が気をつけることは?

猫の基礎知識

猫は平熱が高く全身が毛で覆われているので、夏には様々な対策が必要となってきます。

室内飼いで部屋に閉じこもっている猫は、熱中症にかかりやすいと言えます。

言葉の通じない猫にとって、飼い主の対策こそが熱中症を防ぐ糸口となります。

熱中症の症状

猫の平熱は人間よりも高く、38度台が平均体温と言われています。

猫が熱中症にかかった場合、次のような症状が見られます。

軽度の熱中症

体温が急激に上昇し40度台となり、鼻呼吸では呼吸が困難になり、口で荒々しく呼吸を始めます。

よだれを垂らしたり、口腔粘膜や目が充血したり、下痢や嘔吐などの症状も見られます。

足で身体を支えることが困難になり、ぐったりと横になってしまいます。

重度の熱中症

飼い主の呼びかけに反応せず、意識が混濁している場合や、痙攣失神を引き起こす場合もあります。

最悪の場合は命に関わることもあり、非常に危険なのですぐに病院に連れて行きましょう。

熱中症にかかりやすい条件

室内飼いの猫は、夏に熱中症にかかりやすいと言えますが、その他にもどんな条件が揃ってしまうと熱中症の症状が出てくるのでしょうか。

梅雨の時期

猫は夏の暑さに弱いだけでなく、湿度にも弱い生き物です。

梅雨は湿度が一気に上がり、雨などで窓を閉め切りにしている家庭も多いと思います。

湿度が60%以上を上回る場合には、除湿器やエアコンなどで対策をする必要があります。

閉め切りの部屋

猫が居る部屋のドアが閉まってしまったり、クローゼットの中に閉じ込められてしまったりする場合も危険です。

蒸し暑かったり、風通しが悪かったり、水が飲めない場所に長時間放置されると熱中症を発症する可能性があります。

蒸し暑い車内やキャリーケースでの移動

普段慣れていない狭い場所というのは、極度の緊張によりストレスが掛かり、体温も上昇してしまいます。

猫にとっては逃げ道がないので、このようなケースに直面した場合には、しっかりと飼い主がケアをしてあげましょう。

熱中症にかかりやすい猫

熱中症にかかりやすい条件の他にも、体質的に熱中症にかかりやすい種類の猫も居ます。

老猫や子猫

身体の生理機能が未発達であったり、衰えていたりする老猫や子猫は、暑さに弱い上に体温調整が上手く出来ず、熱中症にかかりやすいと言えます。

肥満気味の猫

肥満気味の猫は、皮下脂肪が断熱材の役割を果たし、身体に熱がこもりやすいです。

蓄積された脂肪は、様々な呼吸機能にも影響を及ぼすので、呼吸による体温調節が難しいとされています。

熱中症以外にも色々な病気にかかりやすいので、注意が必要です。

短頭種や長毛種

ペルシャなどの鼻が低い種類の猫は、身体の構造上スムーズな呼吸が元々しづらく、熱中症にかかりやすい傾向があります。

ペルシャの他にも北国出身のメインクーンやノルウェージャンフォーレストキャットなどの長毛種の猫は、毛の中に熱が溜まりやすいので、夏場はサマーカットをしてみるのも、対策として有効と言えます。

熱中症の対策

夏を始め、様々な条件が重なってしまうと危険を伴い、猫が熱中症にかかりやすくなってしまうので対策が必要です。

飼い主がしっかりと対策をすることによって、危険を回避することが出来るので、是非実践してみてくださいね。

換気をよくする

まずは部屋の中に、風の通り道を作るように意識してみてください。

換気扇や換気口を開くことが有効と言えますが、家の構造上、風の通り道を作るのが難しい場合は、扇風機やサーキュレーターなどを活用してみましょう。

エアコンを利用する

エアコンの冷気が嫌いな猫も多いので、必ずしもオススメとは言えないのですが、部屋の室温が急激に上昇してしまっている場合には、短時間で温度を下げる効果があります。

冷やしすぎないように注意して、他の部屋にも行き来することが出来るように対策してあげてください。

水飲み場を増やす

夏場は特に意識していただきたいのが、猫の水飲み場を増やすということです。

ご飯スペースに置くだけではなく、部屋の扉が閉まったり、こぼれてしまったりしても、水に困らないようにしてあげる必要があります。

食欲低下にはウェットフードを

猫の中には水をほとんど飲まない子も居ます。そして食欲が落ちているときに是非活用していただきたいのが、ウェットフードです。

ウェットフードは水分量が多く含まれており、気軽に水分補給をすることも出来るのです。沢山の種類も販売されているので、食いつきが良かった商品を常備しておくと安心です。

注意点として、選ぶときには総合栄養食と記載されているものを選びましょう。一般食と書かれたウェットフードでは、十分な栄養を摂取することが出来ないからです。

日陰を作る

猫は日向が好きな生き物ですが、夏の日差しは非常に強いので、室内では日陰で休める場所を作ってあげてください。

すだれや遮光カーテンなどを利用して、簡易的に日陰を作り、涼しく休める場所が必要となってきます。

ひんやりスポットを作る

猫は涼しい場所を見つけるのが得意な生き物ですが、室内で気温が上がってしまうと、涼しい場所が見つけられず熱中症にかかりやすくなってしまいます。

昨今では冷感を感じられるクールマットや、猫用の大理石や御影石なども販売されています。

陽が直接当たらず、猫が落ち着ける場所に設置してあげましょう。

換毛期のブラッシングを怠らない

年に2回ある換毛期(春と秋)には、必ずブラッシングをしてあげてください。このブラッシングを怠ってしまうと、夏に暑い思いを猫にさせてしまいます。

毛を取り除こうと必死に身体を舐め、毛玉も溜まりやすくなってしまうので、夏前に対策としてブラッシングをしておく必要性があるのです。

まとめ

夏に対策を始めるというよりは、夏を快適に過ごせるような対策を心掛けてください。

熱中症の心配をしないためにも、事前に危険を回避した対策をし、猫も飼い主も快適な夏を過ごしましょう。