猫は『エアコンだけではダメ!』夏のお留守番、熱中症対策は?

飼い方・しつけ

暑い季節、愛猫の留守番中の室温管理は何かと不安が付き物です。実は猫の熱中症発症率は年々増加傾向にあります。

留守中の室温管理にエアコンは必須です。外出する際はエアコンの設定温度の確認と猫の安全対策を万全にしておくよう心掛けておきましょう。

熱中症予防に効果的な方法をしっかりと知ることで愛猫の健康を守り、快適に過ごせるよう工夫をしてあげましょう。

エアコンの設定温度は27度

猫を自宅に残し外出や出勤をするとき、エアコンの設定温度に迷う事がありませんか?実は猫は人間が思うよりも寒がりで、人間の感じる快適な温度に設定すると風邪をひくことがあります。

猫を留守番させる時のエアコンの設定温度は26~28度が最適です。人間であればやや蒸し暑いと感じる程度の温度です。ただ留守中は空気の流れが滞り、部屋を閉め切ることから意外にも蒸し暑さを感じずに済むものです。

もし1部屋に猫を閉じ込め外出をする場合は28度に設定をします。人間が不在となりドアや窓の開閉の無い閉め切った部屋の中では想像以上にエアコンが効力を発揮し、設定温度より低く、肌寒く感じるものです。

閉め切った部屋から猫が他へ避難することが出来ないことからあえて設定温度を高めにしておくと、風邪をひかせる事もなく安心です。

一方、家中のドアを全て開放し、猫がどこへでも自由に行き来できる環境で留守番をさせる場合は、エアコンが設置されている部屋は設定温度を低くし、日中の暑い時間帯を快適に過ごせる場所を作ってあげましょう。

このようにエアコンの設定温度は猫がどのような環境で留守番をするかを考え、調整する必要があります。

猫の様子を見て温度を調整

  • くしゃみ、鼻水がでる
  • 食欲不振
  • 下痢気味
  • 自ら進んで運動や移動をせず一か所にじっとしている

などの変化が見られる時は、風邪や微熱の可能性があるので留守中のエアコンの設定温度を1度上げ様子を見てあげましょう。

閉め切った部屋の中は、想像以上に肌寒い事もあれば、暑くて不快に感じることもあります。もちろん日中の天気にも室温は左右されるので、都度調整が必要です。

猫を留守番させる場合

  • レースのカーテンを閉め、直射日光による室温上昇を防ぐ
  • 窓際に猫のサークルやハウス、ベッドを置かない
  • エアコンのリモコンは猫の届かない場所で保管する
  • 清潔な飲み水を十分な量汲み置く
  • 扇風機やシーリングファンを稼働させ、空気の滞留を解消する

このような方法もぜひ取り入れてみると快適さを上げることが出来ます。

飲み水は、電動で水流を作ることの出来るアイテムなどを活用すると猫が自ら水分を摂取してくれるのでおすすめです。水分の適度な摂取も熱中症対策には欠かせない対策です。

閉め切った部屋の中では空気が滞留し、室温を下げているだけでは快適に感じられないものです。

しかし扇風機やシーリングファンを稼働させ空気の流れを作ると、同じ設定温度でも快適に感じることが出来ます。

扇風機を稼働させる場合

  • ファンにカバーをつけ猫のイタズラを予防する
  • コンセントは毎日抜き差しし、ゴミなどによる発火事故を予防する
  • 扇風機は壁面や天井に向けて風を送る(猫に直接風が当たらない向きに設置する)

これらの点に注意が必要です。クリップ式の小型扇風機を室内の高い位置に付ける方法も手軽にできる暑さ対策として効果的です。

留守中に起こる想定外の事故

飼い主の留守中に猫が思いもよらぬ事故を起こすケースが年々報告されています。中でも最も危険度の高い事故はリモコンの誤操作によるものです。

飼い主が外出をする際にテーブルの上やキッチンカウンターに置いたエアコンのリモコンを猫が踏み、誤操作が起こるというケースです。

この場合、エアコンが停止してしまう事や暖房に切り替わる、設定温度が上がるという事があり、気が付けば熱中症を引き起こしています。

留守中の事故を未然に防ぐ

  • エアコンのリモコンは壁面に吊り下げ保管する
  • リモコンは引き出しの中など、決して猫が手足を触れることの無い場所で保管する
  • スマホで設定温度を確認する
  • 留守中の様子を確認できるモニターカメラを設置する

という方法で日ごろの習慣を見直しましょう。

熱中症に備える

  • 冷蔵庫には十分な氷を作り置くこと(猫の体を冷やすため)
  • 保冷剤や冷却枕を常備しておくこと
  • 夜間、急患対応が可能な動物病院の連絡先を控えておくこと

万が一の熱中症に備えが大切です。ただし市販の冷却スプレーは使用されている成分で猫が気分を害す事もあるので使用をすることは控えましょう。

異変がないかチェック

  • 歩行時にふらつく
  • ぐったりとしている
  • 物音に反応をしない
  • 失禁をしている
  • 呼吸が浅く、早い

帰宅後、猫に異変があればすぐに冷却材や冷水シャワーで全身を冷やし、動物病院へ搬送しましょう。

クールアイテムで熱中症対策を

猫と言えば室内の高い場所、日当たりのよい場所を好み、毎日自分のお気に入りの場所で過ごします。でも暑い季節、天井付近に設置されたキャットタワー付近は、暑い空気が滞留し決して快適な居場所とは言えません。

猫は飼い主が外出した後の室内を自由気ままに歩きまわり過ごしているので、暑い季節にはクール素材を活用したベッドやパネルを床面に設置しておくことも効果的です。特に長毛種や肥満気味で暑さに弱い場合、クールパネル付近に冷凍したペットボトルや冷却枕などを合わせておくとより快適さを増すことが出来おすすめです。

ペットボトルを設置する場合は、解凍時の水滴で床面や猫の体が濡れることの無いように薄手のタオルで包み置きましょう。冷却アルミパネルを床面に設置する場合は、直射日光のあたる場所を避け設置します。

時間帯によって、窓からさす日の光の位置が異なるので、どの時間帯であっても安全に使用できる場所を選びましょう。

子猫の暑さ対策

エアコンとヒーターの2本立て

生後半年未満の子猫を家族に迎えた場合、暑さ対策はとてもデリケートな課題です。生後間もない子猫は成猫に比べ平熱が2,3度高く、とても寒がりです。そのためエアコンの設定温度を下げ、室温を下げすぎてしまうと風邪をひき、食欲不振や下痢といった症状を見せるようになります。

子猫を留守番させる時は、エアコンで冷風を送りつつ、ペット用ヒーターやボア付きベッドを室内に置き、暑さ寒さを自由に選択し、快適な居場所で過ごせるよう工夫をしてあげましょう。

ヒーターやボア付きベッドの入手が難しい場合は、サークル壁面をタオルで囲う、ダンボールで仮の寝床を作るという方法でも十分に代用が出来ます。

エアコンの冷気が直接当たらず、体温で体を温めることが出来る場所を室内に数か所作っておいてあげましょう。この方法は高齢になった猫にもおすすめの方法です。高齢になり体力が低下している、体調が思わしくない場合は子猫同様に室温管理の工夫をしてあげましょう。

まとめ

暑い季節の熱中症対策は、エアコンの設定温度を27度前後にすることと、清潔な水を置くこと、床面付近に冷却アイテムを置くことの3つを万全にすることが大切です。

猫はとても寒がりでデリケートな動物です。日ごろの工夫で少しでも快適に過ごせるようお手伝いをしてあげましょう。