【猫をタクシーに乗せる】飼い主さんに守ってほしい『3つのマナー』

生活とお金

大切な愛猫が病気や怪我をして動物病院へ連れて行くとき、休日や夜間でかかりつけの動物病院へ行けない場合や、特別な治療で遠方の病院へかかる場合など、タクシーで移動したいと考える飼い主さんもいると思います。

一般のタクシーに猫を乗せることはできるのか、また乗せるとしたらマナーや料金はどうなっているのかが気になるところですが、事前に知っておけばいざという時に安心できますよね。

そこで今回は、猫をタクシーに乗せる時に飼い主さんに守ってほしい3つのマナーとタクシーの料金についてお話します。

猫をタクシー乗せることはできる?

自家用車を持っている人ならあまり気にすることはないかもしれませんが、動物病院などへの移動にタクシーを利用したいと考える人も多いでしょう。

タクシー会社やドライバーによっても対応は異なりますが、原則としてタクシーに猫を乗せることが可能です。

国土交通省が定めている旅客自動車運送事業運輸規則の第52条によれば、愛玩動物の持ち込みは可能となっていますが、実際にはそれぞれのタクシー会社やドライバーの判断に委ねられている部分が多いのが事実です。

最近ではペット専用タクシーというのもありますが数はそれほど多くないため、愛猫の急な病気や怪我に対応できるよう、事前に利用できるタクシー会社を確認しておくといいでしょう。

猫をタクシーに乗せる時に守ってほしい3つのマナー

例え猫をタクシーに乗せることが可能であっても、飼い主さんには守らなければならないマナーがあります。

ここでは特に覚えておいて欲しい「タクシー会社に確認しておく事項」「猫の乗せ方」「粗相をした時の対処方法」について、それぞれのポイントをご説明します。

① タクシー会社に確認しておく事項

基本的にはキャリーバッグに猫を入れればタクシーに乗せることはできますが、最初にお話ししたように実際はタクシー会社やドライバーの判断に委ねられている部分が多いです。

せっかくタクシーを止めても載せることができなかったということにならないように、 電話で確認のうえ配車の手配をするのがベターです。

あまり数は多くありませんが、ペット専用タクシーを運行している会社もありますので、可能であればペット専用タクシーを利用するのも安心です。

後程いくつかのペット専用タクシーを紹介しておきますので、参考にしてみてくださいね。

② 猫の乗せ方・タクシー内でのキャリーバッグの置き方

タクシーに猫を乗せる時は必ずキャリーバッグに入れましょう。キャリーバッグに入るのを嫌がる猫もいますが、車内では絶対にキャリーバッグを開けたり猫を出したりしてはいけません。

万が一、タクシーが急ブレーキをかけたり窓が開いていたりした場合は、猫が飛び出してしまったり怪我をしたりする恐れもあるので、動物病院に着くまではキャリーバッグを開けないようにしましょう。

キャリーバッグは原則として飼い主さんの膝の上に置きますが、ドライバーの了承を得られれば座席の上に置かせてもらっても構いません。

どちらにしても少なからず抜け毛が落ちたり汚したりする心配があるため、スポーツタオルやバスタオルなどを敷いてから置くのがマナーです。

③ 猫が粗相をしてしまった時の対処方法

猫の体調が悪かったり乗り物に酔いやすかったりすると、猫が吐いてしまったり下痢などの粗相をしたりする場合があります。

このような場合は、まずドライバーさんに窓を開けてもらい車内に匂いがこもらないようにしましょう。

キャリーバッグの中を掃除する必要がある場合は、安全な場所に車を止めてもらい猫が飛び出す心配がないのを確認してから掃除するようにしてください。

猫をタクシーに乗せるときは、掃除用のトイレットペーパーやウェットティッシュを持参し、ゴミが出た場合はビニール袋に入れて持ち帰るのがマナーです。

猫をタクシーに乗せた場合の料金はどうなる?

基本的に猫をキャリーバッグに乗せてタクシーを利用した場合、通常の乗車料金の他に別途費用がかかるようなことはありません。

しかし猫が暴れて車内を傷つけたり、粗相をしてシートを汚してしまったりした場合は、修理やクリーニングの費用を請求される可能性があります。

これらについての明確な決まりはないため、もし猫をタクシーに乗せて車内を傷つけたりシートを汚してしまったりした場合は、タクシー会社やドライバーとよく話し合って費用の分担などを決めてください。

ペット専用タクシーを利用した場合の料金は、会社ごとに異なるため利用の前に予め確認しておくといいでしょう。

ペット専用タクシー① 三和交通

神奈川県横浜市・埼玉県一部の東京都で利用することができ、犬猫以外の小動物でも一緒に乗せることができます。

ペット119番」にも対応しており、事前に動物病院を登録しておけばスムーズに配車をしてもらえます。

料金はプランにもよりますが30分2,800円~、ペット用のゲージが付いた車両もあります。

三和交通のサイトへ

ペット専用タクシー② ペットタクシーアイボウ

大阪府・奈良県・ 兵庫県・一部の和歌山県で利用することができ、24時間対応してくれるペット専用タクシーです。

経営母体がガソリンスタンドを運営しているため、料金は5kmまで一律1,000円とかなり割安です。

術後や乗り物酔いしやすいペットのために、足回りの整備に力を入れているというのも飼い主さんとしては安心できるところですね。

ペットタクシーアイボウのサイトへ

利用できるタクシー会社を知っておけば安心!

普段自家用車で猫を動物病院に連れて行っているという飼い主さんでも猫と一緒に利用できるタクシー会社をしておくことはとても大切です。

定期的な通院ならさほど問題がありませんが、急な容態悪化交通事故に遭った場合などは、飼い主さんもパニックになってしまうため、安全に運転できるとは限りません。

筆者の私も何度か夜間救急病院へ猫を連れて行ったことがありますが、正直自分でどうやって運転して行ったのかよく覚えていません。

幸い事故などはありませんでしたが、普段から通っている動物病院だとしてもやはり平常心で運転するのは難しいため、万一に備えて利用できるタクシーをいくつかピックアップしておくのがベターだと思います。

また夜間はタクシーが見つかりづらく、電話での配車をしていないこともあるので、営業時間や予約の仕方についても確認しておくのがおすすめです。