『猫の食器のヌルヌルが落ちない?』原因と超簡単な落とし方とは

お手入れ

猫の食器を洗い終わった後、あれ?ヌルヌルしてる・・・と気づいたことはありませんか?
しかもこのヌルヌル、なかなかとれません。

漂白剤につければ、ヌルヌルは落ちるけど、猫の口に入ってしまうことを考えると、なかなかできませんよね。

今回は、猫の食器のヌルヌルについてご紹介します。なかなか落ちないヌルヌルが洗剤を変えることで解消できます!

猫の食器のヌルヌルの正体は?

猫の口の中はアルカリ性

猫の口内は、人間と違います。

人間の口内は、酸性になりがちなので虫歯になりやすいのです。それに対して猫の唾液はアルカリ性です。

そのため、虫歯にはなりにくいですが、代わりに歯周病になりやすいと言われています。

ヌルヌルの正体は?

猫がご飯を食べた後、食器がヌメヌメしていることがありますよね。実は、キャットフードに含まれる油ではありません。

ご飯を食べるときに、食器を舐める猫の唾液と口内の細菌が食器についてしまいます。細菌は食器に付いているキャットフードの食べカスをエサに、どんどん細菌を増やしていくのです。

繁殖した細菌は、表面に「バイオフィルム」という膜を作ります。このバイオフィルムが、ヌルヌルの正体です。

食器を洗わないと悪循環!!

夏の暑い日に食器をそのままにしておくと、食器の表面で細菌が繁殖し、バイオフィルムはどんどん作られます。当然、ヌメヌメも取れづらくなります。

洗っても取れないまま、ご飯をあげるとその細菌を猫がまた口の中に取り込んでしまいます。

そして、また食器へ・・・と悪循環になってしまうのです。

食器用洗剤とスポンジについて

人間用の食器用洗剤でもいいの?

猫の食器を人間用の食器用洗剤で洗うのは、絶対にダメというわけではありません。

しかし、猫の体重は人間の体重の1/10くらいと考えると、食器用洗剤の残りがあると摂取量も10倍になります。

どうしても人間用の食器用洗剤を使わなければいけないのであれば、すすぎは十分にするようにして、よく乾燥させてからにしてください。また、香りがつかないものを選ぶようにしましょう。

個人的には人間用の食器用洗剤はおすすめしません。

猫用の専用スポンジを使いましょう

人間用のスポンジと猫のスポンジは別々にしましょう。

最初にも書きましたが、猫と人間の口内環境は違います。食べカスがスポンジに移って、そのまま人間用の食器を洗うのは不衛生です。

細菌が増えないように、猫用のスポンジはよく洗って、乾燥させるようにしましょう。

ペット用に開発された食器用洗剤5選

最近では、ペット用に開発された、ペット専用の食器用洗剤が売られています。

Amazonや楽天市場、Yahooショッピングなどでも購入できます。

他にもヌルヌルを落とす専用のスプレーなども売られています。

① ペット用食器洗剤 サラピカ ポンプタイプ 200ml

一番有名になった食器用洗剤がサラピカです。

400ml、1000mlの詰め替え用も購入できます。最初は、80mlの小さいもので試してみるのもいいでしょう。

② ホワイトフォックス わんにゃん食器の洗剤 300ml

300mlの詰め替え用なら、1,000円以内で購入できるのでお得です。

ポンプ式で泡立ちが良いようなので、ヌメヌメも取れやすいようですよ。

③ free stitch ペット専用 食器洗剤 300ml

天然成分100%のペット専用の食器用洗剤です。

お試し用の50mlと詰め替え用300mlも売られています。泡切れもいいので、すすぎが楽ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペット専用 食器洗剤 300ml
価格:1944円(税込、送料別) (2018/7/11時点)

④ ペット用食器のヌメリ取り 300ml

ヌメヌメをとるために作られた専用のスプレーです。

131種類の菌に効果があるので、ヌメヌメ以外の細菌にも効果的です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペット用食器のヌメリ取り 300ml
価格:698円(税込、送料別) (2018/7/11時点)

⑤ ドギーマン ペット食器のヌメリ落とし キュッキュ 100ml

小さいボトルながら、ヌメヌメの残ったものをしっかり落とすためのスプレーです。

洗った後に、吹きかけて数分置いてからすすぐという方法で落とせます。

ヌルヌルをすぐに落とすためのポイント

毎食後すぐに食器を洗う

バイオフィルムを作る細菌は時間が経つほど繁殖します。

猫が食事を終えたらすぐに洗うことで、細菌の繁殖を防ぐことができます。

バイオフィルムが作られる前に細菌は死滅し、ヌルヌルは発生しないということです。

使う食器は陶器が良い

プラスチックの猫用食器は、洗ったり、猫のザラザラの舌で舐めたりすることで、小さな傷がつきます。

その傷の間に細菌が溜まりやすくなるため、ヌメヌメが発生しやすくなります。洗っても、傷の中まで洗い落とせず、ヌメヌメがついたままになってしまうのです。

もしプラスチックの食器にするのであれば、定期的に買い替えるようにしたほうが良いでしょう。

猫の食器は100円ショップのものでも構いませんが、傷がつきにくい陶器の食器がおすすめです。

洗う前にタオルなどで拭く

ヌメヌメの原因は細菌ですので、猫の唾液と細菌を先に拭き取ってから洗うようにするとヌメヌメが落としやすくなります。

もちろん拭き取るタオルなどは、消毒なども必要です。

毎回洗って、人間用のタオルとは別のものを使ってくださいね。

必見!ヌルヌルを超簡単に落とす裏ワザ

さてここまで、ヌメヌメを防ぐこと、取ることについて書いてきましたが、筆者が実践している裏ワザをご紹介します。

猫の唾液はアルカリ性です。酸性の成分を使うことで、ヌメヌメを超簡単に落とすことができるのです。おすすめは、「クエン酸」です。

我が家では、猫が食事を終えてすぐ洗うようにしますが、クエン酸を水に溶かしたスプレーでヌルヌルが取れます。クエン酸なら、赤ちゃんや猫でも口に入っても有害にはなりません。

100円ショップに売っているスプレーボトルに、クエン酸大さじ1と水500mlの割合で作れます。

このクエン酸溶液は、キッチンの排水溝シンクの掃除取れにくい油汚れなどにも使えるので重宝すること間違いなしです!

まとめ

夏場はとくに細菌が繁殖しやすい季節ですね。

猫がお腹を壊したりしないように食器は清潔にしておきたいものです。

口臭がきついときには、細菌が口内に増えていることもありますので、猫の歯磨きと食器の洗い方を見直してみましょう!