【折れ耳がかわいい!】スコティッシュフォールドの性格・値段・病気は?

猫の種類

丸い顔、丸い足、折れ曲がっている耳が愛くるしいスコティッシュフォールド。

特にあの折れ曲がった耳は人気ですよね。

そして、スコ座りと呼ばれる、不思議な座り方も魅力です。

今回は、スコティッシュフォールドの飼い方についてご紹介します。スコティッシュフォールドの性格や値段、かかりやすい病気についても解説します。

スコティッシュフォールドってどんな猫?

スコティッシュフォールドの起源

スコットランドの農場で、1961年に「スージー」という名前の猫が生まれました。この猫は他の猫と違い、耳が折れ曲がっていました。

「スージー」は子猫を生みますが、その子猫たちもスージーと同様に耳が折れ曲がっていたのです。この子猫を譲り受けた近所の夫妻は、「耳折れ」が遺伝的なものであると気づき、ブリティッシュショートヘアとかけあわせます。

その後、遺伝学者パット・ターナーは、アメリカンショートヘアなどとかけあわせ、現在のスコティッシュフォールドの原型を作り上げました。その猫は、耳が垂れたウサギにちなんで、「ラップ」と呼ばれました。さらに、「折りたたまれた」という意味の「フォールド」という名前になります。

1978年にはショートヘアが、1980年半ばにはロングヘアが、CFAに承認されました。しかし、骨軟骨異形成という遺伝的な疾患という理由で、正式に承認していない団体もあります。

スコティッシュフォールドの特徴

上記にもお伝えしましたが、1番の特徴は「折れ曲がった耳」です。他の猫に比べ、耳も小さいですね。

遺伝的なものなので、耳が折れ曲がっていないスコティッシュフォールドもいます。

耳は生まれたときから折れ曲がっているわけではありません。生後2、3週間で耳が折れ曲がってきます。

一生耳が折れ曲がっているわけでもなく、病気やストレスなどで、まっすぐ立ったり、折れ曲がったりする子もいるようです。

スコ座り」と言われる、独特の座り方もかわいらしい特徴です。骨軟骨異形成という遺伝的な疾患のため、本能的に負担が少ない座り方になるのだと考えられています。

体形は「セミコビータイプ」です。コビーに比べ、四肢や胴体、尻尾がやや長いのが特徴です。丸くて大きな目と、しっかりしたあご、顔も丸みがあります。前足と後足も丸みがあります。

スコティッシュフォールドの毛色

毛の長さは短毛種が多いです。

長毛種は「ロングヘアフォールド」や「ハイランドフォールド」という別名をもっているスコティッシュフォールドもいます。スコティッシュフォールドの長毛種は非常に希少です。

交配を重ねてきた歴史がありますので、毛色の種類は多いです。

以下は、スコティッシュフォールドの毛色の例です。中でもグレーのスコティッシュフォールドは珍しいと言われます。

  • ダイリュートキャリコ(薄色三毛)
  • シルバータビー(サバトラ)
  • クリームタビー&ホワイト(薄色茶白)
  • レッドタビー(茶トラ)
  • トーティ(ブチ柄)
  • キャリコ(三毛)
  • グレー(灰色)

スコティッシュフォールドの性格

スコティッシュフォールドは「穏やか」「甘えん坊」という性格の子が多いです。いわゆる、「猫らしいツンデレ」な性格でもあります。

オスもメスも他の猫と比べ、のんびり屋さんで、喜怒哀楽があまりないので、猫らしい性格を好きな人にはピッタリです。

オスのスコティッシュフォールドの性格

オスはメスと比べて、やんちゃで甘えん坊な子が多いと言われます。去勢をするかしないかでも性格が変わります。

去勢済みの子は、子猫のころの性格がそのまま出ることが多く、とても甘えん坊な子が多いです。

未去勢の子は、頑固になり、徐々に甘えなくなることもあるようです。

メスのスコティッシュフォールドの性格

避妊手術をしたかどうかに関わりなく、オスに比べてクールな性格です。

ドライな性格ですが、穏やかでもありますので、飼いやすいと言われます。

スコティッシュフォールドを飼うときに必要な費用

スコティッシュフォールドの値段

平均価格は10~40万円くらいです。価格の差は、耳が「折れている」か「折れていない」かです。

最大の特徴である耳が折れているスコティッシュフォールドは、全体の約30%ですので、希少価値ということになります。同じ希少価値という意味では、長毛種も値段は高くなります。

つまり、耳がしっかり折れ曲がっていて、長毛種が最も高い値段がつくということになりますね。

餌代

基本的には、他の猫と同様に子猫、成猫、シニア猫と年齢にあったフードを選びましょう。

1カ月の餌代は、年齢にもよりますが、おおよそ4000円ほどです。

骨の遺伝的な疾患があることを踏まえると、下記のようなフードもスコティッシュフォールドにはおすすめです。

  • グルコサミと呼ばれる物質を含んでいるもの(骨を形成する)
  • 天然のイオウ化合物(MSN)(軟骨、骨、腱を生成する)
  • コンドロイチン硫酸(軟骨の分解を抑制し軟骨に必要な水分量を保つ)

飼い始めに必要なグッズ

ケージ(6000円くらい)

子猫の場合は特に、夜暴れまわったりすることもあります。部屋の中で誤飲したり、うっかりお風呂場に入って溺れてしまったりする可能性もあります。

最低でも慣れるまでは、ケージに入れるようにして、未然に事故を防ぎましょう。

食器(1000円~5000円)

スコティッシュフォールドの場合、どちらかというと鼻が前に突き出ている猫の種類ではありません。

通常の食器でも構いませんが、重みのある平たいお皿の方が、ヒゲが当たりづらく食べやすいと思います。

トイレ用品(4000円くらい)

特に他の猫と異なることはありません。

おうちに来て、ちょっと落ち着き、ソワソワし始めたらトイレの合図です。

この時点できちんとトイレができれば、トイレの場所は覚えてくれます。最初が肝心ですよ。

ケア用品(5000円くらい)

ブラッシング用のブラシ、爪切り、爪とぎ、おもちゃなども必要です。

短毛種でももちろんですが、長毛種は毎日のブラッシングは欠かせません。

ブラシも種類がたくさんありますが、長毛種に合っているものが売られていますので、まずは長毛種用で試してみましょう。

病院費用

この後にもご説明しますが、スコティッシュフォールド特有の疾患があります。

飼う前には、必ずかかりつけの病院を見つけておきましょう。

飼った後でも問題ありませんが、かかりつけ以外にも休診日などに診てもらえる動物病院をもう1つ見つけておくと安心です。

スコティッシュフォールドがかかりやすい病気4つ

骨軟骨異形成

スコティッシュフォールドのかわいらしい「折れ耳」ですが、「骨の形成異常」により起きた一種の「奇形」です。そのため、耳だけではなく体のほかの部分の骨や関節にも異常がある可能性が高くなります。

骨軟骨異形成症は鼻にも現れることがあります。症状としてよく鼻血を出すようになりますが、気づかず進行してしまうこともあるので、注意しましょう。

止血剤を服用させるなどの対症療法を行うのが代表的な治療法です。

骨軟骨異形成は進行性の疾患です。年齢を重ねるごとに手足の先端が変形して膨れ上がり、「骨瘤」と呼ばれる骨の塊が形成されていきます。

治療法も、痛みを緩和するための対症療法のみに限られています。鎮痛薬を飲み続けることで、副作用もあります。放射線治療もありますが、完治するわけではありません。照射のたびに全身麻酔を掛ける必要もありますので、当然体への負担は大きいです。

尿管結石

スコティッシュフォールドは他の猫に比べ、尿管結石になるリスクが2.3倍とも言われています。

腎臓と膀胱とを結ぶ「尿管」と呼ばれる管に、石が詰まってしまう病気です。

治療は結石の除去、食事療法です。

レーベル先天黒内障

外見的な異常がない、生まれつき目が見えない眼科系疾患です。

遺伝性の疾患のため、根本的な治療法はありませんので、飼い主と猫ちゃんは視力障害と付き合いながら生活します。

ペルシャの血統が混じった品種にこの疾患が多いという研究結果があります。

外耳炎

耳が折れていることで、湿気がこもりやすくなります。そのため、ダニや菌の繁殖、異物などで外耳に炎症を起こすことがあります。

汚れ・臭いが強い・首をしきりに振る・耳をしきりに掻く症状が見られます。普段から耳のお手入れをまめにするようにしましょう。

まとめ

スコ座りをしているスコティッシュフォールドをよくインターネットで見かけますが、本能的に楽な姿勢にしていたとは驚きでした。

スコティッシュフォールドは、おとなしくて、のんびり屋さんなので、一人暮らしの方でも大丈夫です。

しかし、折れ耳の方が高く売れるので、無理な交配を続けているブリーダーもいます。購入はきちんとしたブリーダーさんからにしましょうね。