【もふもふ猫】ラグドールの飼い方、性格、値段、病気について

猫の種類

ラグドールという言葉を調べてみると、「ぬいぐるみ」という意味が出てきます。

この名前の通り、ラグドールという猫ちゃんはふわふわ、もふもふのぬいぐるみのような猫ちゃんです。

今回は、もふもふしたいNo.1のラグドールの飼い方についてご紹介します。

また、ラグドールの性格や値段、かかりやすい病気も解説していきます。

ラグドールってどんな猫?

ラグドールの起源

1960年代、アメリカのカリフォルニア州でラグドールが誕生します。

ブリーダーのアン・ベイカーが、「ジョセフィーヌ」と言う名前の白い猫を元に、ペルシャとバーマン、更にバーミーズなどを交配させて誕生しました。

アン・ベイカーは、IRCAという組織を設立し、「IRCA登録のブリーダーしかラグドールという名を使うことができない」というビジネスモデルをつくります。その後1975年に、デニー・デイトンを中心としたグループが、独自の活動でラグドールを広めていきました。

「ラグドール」の名前の由来は「(布製の)ぬいぐるみ」を意味する「ragdoll」です。

ラグドールの特徴

体形は「ロング・アンド・サブスタンシャルタイプ」です。長く、がっしりした大型のボディタイプで、骨太で重量感があります。

大きな猫として有名なメインクーンもこのタイプです。他の猫と比べて非常に大きくなります。体重が10kgを超えることもあります。

丸い顔に大きなブルーの瞳が印象的ですね。頭部が平らで、耳と目の間が少し離れている顔つきです。

ラグドールの毛色

「ぬいぐるみ」という呼び名を持つ猫ちゃんですので、もふもふするにはぴったりのミディアムロングの被毛です。

ラグドールは子猫のときには、すべて白の毛色です。成長するにつれ、毛色が変わってきます。

(1)カラーポイント

顔の中心や全体に、濃いめの毛色が現れます。

しっぽ、耳、手足などの先端に、顔と同じようなアクセントカラーが見られます。

色は、シールポイント、ブルーポイント、レッドポイントの3種類です。

(2)ミテッド

カラーポイントとも似ていますが、お腹の周りにもアクセントの濃い毛色が現れます。

手足は、カラーポイントと異なり、両手足が白くなっているのが特徴です。

白いソックスを履いているようにも見えますね。

(3)バイカラー

鼻のてっぺんから口の周りにかけて、白い毛でおおわれています。

頭から背中までは、茶色や灰色ですが、足やお腹は白い毛になります。他のカラータイプと比べて明るめの色が特徴です。

バイカラーの組み合わせは白×シール(茶色)、白×ブルー(灰色)、白×レッド(赤)などいろいろあります。

(4)トーティ

バイカラーと同じく2色の毛色です。

はっきりと分かれているバイカラーと比べると、色が混ざっており、マーブルのような毛色の子もいます。

混ざり具合も個体によって違います。

(5)ソリッド

単色の毛色のラグドールです。

色はホワイトとブラックの2種類です。

ラグドールの性格

飼い主に従順で賢い

ラグドールは非常に賢く、他の動物とも一緒に飼っても大丈夫な子が多いと言われます。

つまり、人間の赤ちゃんが少し騒がしくても、怒ったり、おびえたりしないということで、一緒に居ても大丈夫ということです。

飼い主に従順で、人の話す言葉も理解します。

初めて飼う猫としては、飼いやすいと言えます。

大人しくてのんびり屋

体格も大柄なラグドールは、大人しく、のんびり屋さんが多いです。

大らかな性格で、鳴くこともほとんどないようです。

もし鳴いたとしても,控えめで小さな声で鳴くので、近所迷惑にもなりにくいですね。

狩りや運動への関心は低い

おっとりしている分、本能の名残である「狩り」への関心は薄いです。中には、キャットタワーに上らない子もいるようです。

オスのほうがメスよりもやや活発な子が多いので、おもちゃで遊んだりするならオスがおすすめです。

それでも、他の猫に比べると大人しめな子が多いですね。

ラグドールを飼うときに必要な費用

ラグドールの値段

10~15万円くらいが平均価格です。

ペットショップで買うか、ブリーダーから飼うかで価格には違いが出ます。

ブリーダーからの購入の場合、オスの子猫だと25万円程度、メスの場合だと28万円程度になることもあります。メスは繁殖ができるという理由から、やや高めの設定になっています。

濃茶もしくはビター・チョコレートの色が足先などにポイントで入っている希少色の場合は、50万円を超える子もいるようです。

餌代

ラグドールは、大きな猫ちゃんです。

そのため、他の猫よりも多く食べる傾向があります。1カ月の餌代は約5200円です。

がっしりとした筋肉質な体形ですので、離乳食が終わった幼猫くらいから、高たんぱくな食事になるように心がけましょう。

やや長めの被毛ですので、毛艶を良くするオメガ3脂肪酸を多く含むサーモンも取り入れましょう。

長毛種は尿管結石にかかりやすい猫なので、原因になる尿のPH値を安定させる効果がある「キナ酸」を配合されているフードもいいでしょう。

飼い始めに必要なグッズ

ケージ(6000円くらい)

おとなしい性格なので、なくても専用の部屋があるならば問題ありません。

専用の部屋がないのであれば、落ち着けるケージを用意すると良いでしょう。

特に子猫の場合は、留守番のときにはケージに入れることを想定して大きめのケージで2段以上高さがあるものがおすすめです。

食器(1000円~5000円)

大きな猫ちゃんなので、当然力も強いです。

ひっくり返してしまわないように、底にゴムがついているものを選ぶといいでしょう。

水のみボウルは、小さいものだとひっくり返してしまうこともあります。大きめで重量感のあるものを選びましょう。

トイレ用品(4000円くらい)

トイレはいろいろと種類がありますが、ラグドールが大きくなったときのことを考えて購入しましょう。

フード付きだと砂の飛び散りは少なくなりますが、大きくなったラグドールだとちょっと狭くなってしまうかもしれません。

成長に合わせてトイレの広さも見直しが必要です。

ケア用品(5000円くらい)

他の長毛種に比べると、毛玉はできにくいですが、それでも毎日のブラッシングは欠かせません。

長毛種は換毛期には、かなりの量の毛が抜けます。シャンプーも必要になります。

ペット用シャンプーも肌に合う、合わないもありますので、シャンプー後の猫ちゃんの様子を確認するのは大切です。

病院費用

飼い始める前には予め、かかりつけの病院を探しておきましょう。

予防接種や避妊・去勢手術の料金も確認しておくことも忘れないでください。

ラグドールがかかりやすい病気3つ

病気① 毛球症

長毛種の猫ちゃんはかかりやすい病気です。

グルーミング(毛づくろい)で舐めて飲み込んだ毛が固まりになってしまい、腸が詰まってしまいます。

症状としては、嘔吐食欲不振です。毛玉除去剤をなめさせ、毛を排出することで解消します。

長毛種は特に毛玉になりやすいので、毎日のブラッシングが予防方法となります。

病気② 尿結石

腎臓、尿管、膀胱、尿道などに石ができる病気です。

尿がアルカリ性に傾くことでできる「ストラバイト結石」と、酸性に傾くとできる「シュウ酸カルシウム結石」があります。どちらも栄養の偏りが原因です。

肥満も尿結石になる可能性を高めます。ラグドールは、大人しく、あまり活発でないので、肥満にならないように注意が必要です。

尿のPH値を安定させる効果がある「キナ酸」を配合されているフードを与えるのもよいでしょう。

病気③ 肥大性心筋症

比較的先天性の疾患が少ないとされているラグドールですが、肥大性心筋症はラグドールに多いと言われます。

心臓の筋肉が厚くなったり、薄くなったりする、心臓病です。はっきりとした原因は分かっておらず、薬を飲み、症状が出ないようにします。

悪化すると、心不全、麻痺、突然死の危険がありますので、早期発見が大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ラグドールも他の種類の猫ちゃんもそうですが、買うときには信頼できるブリーダーさんから買うことをおすすめします。

大きくて、長めの毛をもつラグドール。猫飼いさんがラグドールを「もふもふ」したいと思ったかもしれません。

ぬいぐるみ」の名前を持つラグドールは、おおらかで、ゆったりとしている性格の猫ちゃんです。「もふもふ」を堪能したい飼い主さんにはうれしい猫ちゃんかもしれませんね。

もしかしたら、赤ちゃんがいる家庭では、子守りもしてくれるかもしれませんよ。