『猫の体が熱い!』体温の測り方とおすすめグッズ、病気の可能性も?

猫の基礎知識

猫が冬場に膝に乗ってきたり、布団に入って一緒に寝たりするのは、心地いいものです。猫飼いの特権ですよね。

でも、猫にも平均の体温よりも発熱して異常に熱いことがあります。子猫の場合は、異常に冷たくなってしまっていることもあります。

今回は、猫の体温の測り方とおすすめグッズをご紹介します。

異常に熱いとき、低いときはどんな病気の可能性があるのでしょうか。特に多い病気についてお伝えします。

猫の体温について

平熱は何度くらい?

猫の体温は、冬場布団で一緒に寝る方はご存知でしょうが、人間よりかなり高めです。平均でおおよそ38度~39度くらいです。

また、子猫と成猫、シニア猫でも差があります。子猫の場合、39度~40度くらい、成猫になると、38度~39度くらいです。

シニア猫の場合は、もう少し低くなります。

体温調節の方法は?

暑いときの体温調節

人間の場合、汗をかくことで気化熱を利用して体温を下げます。

しかし、猫の場合は被毛で覆われており、汗腺がないので汗をかけません。汗をかくのは肉球のみですが、体温調節のために汗をかくわけではありません。

猫の場合は、「パンディング」と言われる行動で熱を逃がします。「パンディング」というのは、犬がするのを見たことがある方も多いと思います。

舌を出して、ハッ、ハッ、ハッと呼吸をすることで、呼吸器の熱を外に逃がす行動です。猫もあまりに暑いときには、体内の熱を逃がすため、パンディングをします。

また、グルーミングも体温調節として行います。グルーミングで被毛に水分がつくので、その水分の気化熱を逃がし体温を調節しています。

寒いときの体温調節

寒いときには、秋から冬にかけて換毛期で長くなった冬毛を立てます。毛の間の空気で、冷たい空気をなるべく体に触れないようにするためです。

また、毛の間の空気で、体温が逃げていくのを防ぐ役割もあります。この方法は人間が、冬場にダウンジャケットを着るのに似ていますね。

さらに、「シバリング」と呼ばれる行動をすることもあります。

体の筋肉をブルブルと収縮させ、熱を発するのです。これも人間が体をブルブル震わせるのに似ていますね。

熱いかも?体温の測り方

動物病院では、猫の体温を測るときどうやって計っていますか?

お尻に体温計を挿して測っていますね。猫の場合、正確な体温を測るには、直腸温を測る必要があります。

人間用の体温計でも測れなくはないですが、測り終えるまでに時間がかかるので、猫にはストレスです。

家で体温を測るときには、猫専用の体温計をおすすめします。

猫用体温計「サーモフレックス」

動物病院でも多く使われている猫専用の体温計です。先が肛門を傷つけないように、柔らかくなっています。

水洗いOKで、計測時間も10秒と猫にとってストレスが少ないように設計されています。先端につける専用のカバーがついています。

猫の肛門の角度に合わせて挿しこんで10秒で計測できますのでラクラクです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アステック サーモフレックス 動物用電子体温計
価格:2849円(税込、送料別) (2018/8/10時点)

耳計測体温計「耳の温度を1秒で測定する体温計」

人間用もありますが、耳に当てて体温を測る体温計です。

正確さでは、直腸温での計測の方が勝りますが、耳用なので暴れる猫の場合は、耳で計測でもおおよその目安として測ることができます。

計測時間が1秒なので、直腸温が測れない場合にはおすすめです。価格がサーモフレックスに比べると、2倍くらいなのが難点ですね。

また、正確に測るために3回くらい計測が必要になることもあります。

ペットの体温計

体温が高いときの病気

東京など都市部では、ヒートアイランド現象により、夏には35度の気温を超えるところも多くあります。留守が多い場合には、室内の気温が上がり、暑さに強い猫でも熱中症になることがあります。

ぐったりしている、けいれんしている、食欲がない、嘔吐・下痢、呼吸が荒いなどの症状が出ているようなら、熱中症の可能性を疑いましょう。高体温、脱水、低酸素を同時に引き起こし、重症の場合は50%の確率で亡くなります。

熱中症の場合は、人間と同じく「体温を下げること」が重要です。まずは涼しい場所に移動させ、エアコンや扇風機で風を当てます。

大きめのタオルを冷たい水で濡らし、猫の体を包み冷やします。保冷剤やアイス枕を首、わきの下、腿の内側に当てて冷やします。人間と同じで、首、わきの下、腿の内側には大動脈がありますので、そこを冷やすことで体温を下げることができます。

意識もあり、水を自力で飲めるようなら水を飲ませましょう。水が飲める飲めないにかかわらず、紹介した方法は応急処置ですので、必ず病院には連れていきましょう。

体温が低いときの病気

成猫で低体温症になることはあまりありませんが、子猫やシニア猫の場合は、低体温症になることがあります。直腸温で37度を下回ると体温が低すぎて、内臓が正常に機能しなくなります。

特に子猫の場合、内臓や被毛も未発達で体温調節もうまくできないので、低体温症になりやすいと言われます。

雨の中、子猫を保護した後、低体温症によりそのまま亡くなったという話もよく聞きます。雨に濡れてしまう、寒い場所に長時間いた、病気、精神的なショックなど、低体温になる原因はいろいろです。

体が冷たい、全身の震え、呼吸が速い、ぐったりしているなどがあれば、低体温症の可能性があります。低体温症の場合は、体を温めることが必要になります。ただし、急激に温めると、ショック状態になってしまうケースもあります。

軽度の場合は、ヒーターや湯たんぽなどで徐々に温めると回復する場合もあります。重症の場合は、応急処置はもちろんですが、病院で温めた輸液を点滴したり、温めた溶液で浣腸をしたりすることで対処します。

まとめ

猫にとっても人間と同じように、体温調節は健康管理には重要なものです。定期的に体温を計測することで、猫の健康状態が問題ないのかどうかを確認できます。

個体によっても、体温がいつも高め、いつも低めなどそれぞれです。自身の飼っている猫ちゃんの平熱がどれくらいなのかを把握しておくことは重要です。

いつでも体温を測れるよう、体温計は準備しておきたいものですね。また、エアコンの温度調節も猫ちゃんが暑くないか、寒くないかチェックしましょう。

猫がエアコンを踏んづけてしまい、暖房にかわっていたこともあるので、リモコンを置く位置も注意した方がいいですよ。