『猫に加湿器は必要です!』乾燥によるフケ対策、快適な湿度は?

お手入れ

冬の時期には乾燥で肌の調子が悪い、といった経験がある人は少なくないはず。

また、乾燥してしまうと、フケが目立ってしまい、悩んだことがある人もいるのではないでしょうか。実は猫も同じ悩みを抱える場合があるのです。

気温が下がり空気が乾燥した影響で、体内の水分が減少してしまい、猫も乾燥肌になるのです。

そして、猫も乾燥肌によってフケが出てしまうことがありますが、あまりにも多くフケが出ると皮膚病になっている恐れがあるのです。

猫に快適に暮らしてもらうためにも、乾燥は防ぎたいところですが、湿度を保つにはどのように対策をするべきでしょうか。冬の乾燥から愛猫を守る方法を考えていきましょう。

猫にとって乾燥はフケの原因に

乾燥は猫にとって、いくつかの悪影響があります。乾燥が猫に与える悪影響の中でも代表的なものが、乾燥によってフケが出てしまうことです。

寒い冬は空気が乾燥することはもちろんですが、ストーブやエアコンを使うことで、さらに乾燥しやすい環境になります。この乾燥した環境により、猫の皮膚の水分が減少して乾燥肌になるのです。

そして、乾燥肌になるとフケが出やすくなり、これが原因で感染症にもなってしまうのです。

ただ、フケが出るだけではなく、次のような症状が出た場合は感染症の恐れもあります。

  • 異常にフケが出る
  • 傷ができるまで掻いてしまう
  • 脱毛が見られる

このような症状はダニが寄生したことで感染症にかかっている恐れもあるので、早めに獣医さんに確認した方が良いでしょう。

乾燥による悪影響は他にもある

フケによる感染症だけでなく、乾燥が猫に与える悪影響はいくつかあります。

乾燥による悪影響① 静電気

乾燥した空気は静電気が発生しやすく、猫の体毛も静電気が起こりやすい状態になります。

猫にとっても煩わしい静電気ですが、飼い主が猫を撫でようとすると「パチッ」と痛みを感じてお互いが驚くようなことになるでしょう。

乾燥による悪影響② 脱水症状

冬は猫も暖かい場所にいようとするので、発汗や乾燥の原因になり、これによって体内の水分まで減少してしまいます。

体内の水分が減少してしまうと、血液の循環にも悪い影響があり、何らかの病気になってしまう恐れもあります。

乾燥する時期は猫がしっかりと水分補給しているかどうかも、飼い主は注意を払った方が良いでしょう。

加湿器で湿度対策

乾燥による猫への悪影響を防ぐためにも、加湿器を使ってしっかりと湿度対策をしましょう。

猫にとって快適な湿度は40〜60%と言われ、人間にとってもこの湿度が最適なようです。そのため、加湿器を使って室内の湿度を保つようにしたいところです。

しかし、加湿器も様々なタイプがあり、何が適切なのか判断が難しいでしょう。いったい、どのような加湿器が猫と相性が良いのでしょうか。

加湿空気清浄機

加湿空気清浄機は、その名の通り加湿機能だけではなく、空気清浄機の機能も搭載されています。

加湿機能により、猫に与える乾燥の悪影響を抑えることはもちろん、猫アレルギーを持つ人間や、ハウスダストなどのアレルギーに悩む猫にとっても良い影響を与えることでしょう。

また、スチームを放出することもないので、猫がヤケドする恐れもありません。

デメリットとしては、本体とフィルターの掃除が大変なことです。

ハイブリット式や超音波ミスト式

加湿器の中でもハイブリット式のものか、超音波ミスト式のものが猫にとっては良いでしょう。

猫は好奇心が旺盛なので、加湿器に興味を持って無邪気に寄ってきてしまうことがあります。加湿器によっては熱い蒸気が放出されるため、加湿器に興味を持った猫が驚いたりヤケドしてしまったりする危険性もあります。

しかし、ハイブリット式や超音波ミスト式の加湿器であれば、熱い蒸気が放出されることがないので、その心配もありません。

また、猫が加湿器を倒してしまうことがないように、倒れにくいデザインのものを選ぶと良いでしょう。

アロマの危険性

加湿器の中にはアロマ式のものもありますが、猫がいるお宅にとって、これの使用は要注意です。

なぜなら、匂いに敏感である猫にとってアロマは危険かもしれないからです。

猫に害があるアロマもあり、中には中毒症状によって猫の命を危険に晒してしまうこともあるでしょう。

その他のフケ対策

加湿器による湿度対策も重要ですが、その他にも気を配るべきことでフケが出ることを防ぐことができます。

シャンプー後はしっかり乾かす

猫にシャンプーをした場合は、必ずしっかりと乾かすことです。

ドライヤーを嫌がる猫も多いとは思いますが、しっかりと乾かさずに自然乾燥に任せると、フケの原因になります。

ミネラルやビタミンの不足

ミネラルやビタミンの不足も猫の乾燥肌につながります。逆に言うと、ミネラルやビタミンを摂取することが皮膚の水分を保つために効果的です。

食事を与える際は、栄養のバランスに注意をしながらミネラルやビタミンの不足に注意を払いましょう。

まとめ

乾燥している環境はフケを始めとして、猫にとって悪い影響を与えてしまいます。

加湿器を使うなど、しっかりとした湿度対策を行いましょう。

他にも気を配ることで猫の乾燥肌を防ぎ、健康維持につながることが多いので、ぜひ乾燥には注意をしてください。