【ワクチンは絶対に必要!】室内飼い猫が接種しないとどうなるの?

健康・病気

感染症を予防するワクチン。犬は狂犬病のワクチンを接種することで有名ですが、猫はどうなのでしょうか。

もちろん答えは「猫にもワクチン接種が必要」です。

また、完全に室内飼いの猫であれば、外に出ることもないので、病気に感染する心配もないからワクチンの接種は不要だろう、と考えてしまうかもしれません。

しかし、それは誤りで、室内飼いの猫であってもワクチンの接種は必要です。

どうして室内飼いの猫にとっても、ワクチンが重要であるかを確認していきましょう。

室内飼い猫がワクチン接種すべき理由

安全に思える室内飼いの猫でもワクチンは必要です。

室内飼いの猫にワクチンを接種しない場合、どうなってしまうのでしょうか。

ただの風邪も危ない

ウィルス性呼吸器感染症と呼ばれる猫風邪ですが、実は猫にとってかなり危ないことがあります。ただの風邪と言われたら、人間は寝ておけばいい、悪くても風邪薬を飲んでおけば大丈夫、という認識かもしれません。

しかし、猫の場合は猫カリシウィルス感染症ウィルス性の鼻気管炎になる恐れがあります。これはくしゃみや鼻水、発熱のような人間と同じ症状ですが、この症状が猫にとっては命に関わる場合があるのです。

なぜなら、猫は食事の際に食べられるものかどうかを匂いで判断するからです。くしゃみや鼻水により、食事の匂いがわからない場合に、食べられないものと判断してしまうことがあり、猫はどんどん衰弱してしまいます。

ワクチンの接種によって、絶対に猫風邪にならない、と言い切れるものではありませんが、リスク回避のためにも接種が必要と言えるでしょう。

病気が大事にならない

ワクチンを接種したことで、何らかの病気になってしまった場合も大事にならないことがあります。

猫風邪もそうですが、ウィルスや寄生虫などが原因で病気になったとき、軽い症状で済むことがあるのです。

特にウィルスについては、体内に免疫抗体を作る必要がありますが、ワクチンを接種することでその抗体を作っておくことができるのです。

室内飼いで安心してはダメ

猫風邪もウィルスや寄生虫も家の中から出さなければ平気だろう、と思ってしまうかもしれませんが、そうではありません。家の中から出さなかったとしても、病気に感染するリスクはあるのです。

例えば、飼い主自身がウィルスを運んできてしまうことがあります。

猫を飼っているのであれば、外で猫を見かけると、ついかまってしまうことがあるでしょう。このときに、野良猫に触れたことでウィルスを持ち運んでしまうかもしれないのです。

お客さんが家に訪れた場合も、そのお客さんがウィルスを持ち運ばない保証はないと言えます。それだけではなく、窓を開けていれば外の猫や犬によってウィルスに感染してしまうことも考えられます。

他にもまだまだ感染のきっかけとなるシチュエーションは考えられますが、上記で挙げた理由だけでもワクチンの接種が必要であると判断するべきでしょう。

ワクチンの種類

猫が接種できるワクチンには、いくつかの種類があります。

混合ワクチン

まずは3種混合ワクチンです。

これは、コアワクチンと言われる最も一般的なワクチンで、猫ウィルス性鼻器官支炎、猫カリシウィルス感染症、猫汎白血球減少症の3種類を予防するワクチンです。

それに猫白血病ウィルス感染症を加えたものが4種混合ワクチンで、クラミジア感染症を加えると5種混合ワクチンになります。

さらに、2種類の猫カリシウィルス感染症を加えた7種混合ワクチンもあります。

単体ワクチン(白血病ワクチンと猫エイズワクチン)

他にも単体ワクチンと言われるものがあります。単体ワクチンは白血病ワクチンと猫エイズワクチンの2種類あります。

白血病ワクチンは猫白血病ウィルス感染症を防ぐワクチンで、感染している猫に噛まれることや舐められることで感染する恐れがあります。外に出ることがある猫や、外から猫が入ってくる家に住んでいる場合は接種が必要かもしれません。

猫エイズワクチンは猫エイズウィルス感染症を防ぎます。こちらも外で生活する猫と接触する恐れがない場合は、接種の必要性は低いと言えるでしょう。

ワクチン接種による副作用

ワクチンは接種すればするほど、良い影響があるわけではありません。ワクチンは猫の健康のためにも必要ですが、副作用が猫の負担になることも確かです。

発熱や食欲不振、下痢のような症状に悩まされることがあるので、ワクチンを接種する時期はしっかりと獣医さんに相談すると良いでしょう。

副作用を和らげるためにステロイド注射や薬の投薬など対策を行ってくれる病院もあるため、必要に応じてこれらを対応してもらいましょう。

ワクチン接種の意外なメリット

ワクチンを定期的に接種する意外なメリットがあります。

それは定期的に獣医さんに診てもらえることです。定期的に獣医さんが見てくれれば、猫の性格や癖も理解してくれます。

さらに、もし病気になっていた場合も早期に発見して、適切な処置をしてもらえるでしょう。

また、飼い主と獣医さんの関係性が深まれば、気軽に猫の健康やしつけについて相談することもできます。それが結果的に猫の健康維持にもつながるのではないでしょうか。

ワクチンの必要性を理解した上で、しっかりと獣医さんに相談し、猫が健康に生活できるよう心がけましょう。