【信頼度チェック】猫と一緒に寝る方法、『猫は一緒に寝たくない?』

猫の基礎知識

あなたの猫ちゃんは一緒に寝てくれますか?

夏場はちょっと暑いけれど、冬場一緒に寝てくれたら幸せですよね。

今回は猫と一緒に寝る方法をお伝えします。

猫は快適な場所が好き

猫は自分の快適な環境を見つけるのが得意です。夏場暑い日に、猫がいる場所に手をかざしてみてください。

風の通り道だったり、床がヒンヤリしていたりと部屋の中の一番涼しい場所であることが多いです。

猫は人間と違い、汗をほとんどかきません。汗をかくのは、肉球だけです。しかも、体温調節のために汗をかくわけではありません。猫が汗をかくのは、緊張したときだけです。

犬がよくしていますが、「パンティング呼吸」で体温調節をしています。ハァハァと荒い呼吸をするときは体温を下げているときです。汗での体温調節ができないため、夏場は涼しいところを見つけ、快適に過ごせるようにしているのです。

逆に、冬場は日が当たって暖かいところや布団の上など部屋の一番暖かい場所にいます。場合によっては、飼い主の布団の中に入ってくる猫もいます。

猫は、本能で自分が一番快適な場所を見つけているのです。猫にとって快適な温度は、夏場は24度~27度くらいです。冬場は17度~24度くらいです。

一緒に寝ない理由は?

夏場は、猫にとっても暑いので、なかなか一緒に寝るのは難しいです。冬場は、寒いので一緒に寝られることもあります。

しかし、どの季節でも全く一緒に寝てくれない猫もいます。猫が一緒に寝ない理由は以下です。

① 飼い主が嫌い(寝るときだけ)

実は、この理由が一番多いです。ショックを受けた方もいるかもしれません。

でも、安心してくださいね。飼い主さん本人が嫌いというわけではありません。

飼い主が寝るときだけ嫌いなのは、寝相が悪いということもあります。人間は快適に寝るために、一晩に何度も寝返りを打ちます。そのたびに猫も移動しなければいけませんし、潰されてしまう可能性もあります。

寝るときに、猫をモフモフしすぎることも理由の1つです。猫はしつこく触られることは嫌いです。ゆっくりしようとしているときに、急所であるお腹を撫でまわされたり、顔をうずめられたり・・・。猫にとっては、迷惑そのものです。

人間の発している匂いが嫌だという理由もあります。化粧水や、柑橘系の匂いのシャンプーなど、猫が不快な匂いだと寄ってきません。

② 他に快適な寝床がある

最初にお伝えした通り、猫は快適をみつけるプロです。キャットタワーのてっぺん、ケージの中、こたつの中など猫が好む場所に寝床がある場合は、そちらの方が快適です。

飼い主の布団の中よりも快適な場所があるときは、飼い主と一緒には寝ません。

③ 自立心がある・警戒心が強い

子猫のときには、一緒に寝ていても、成猫になると一緒に寝なくなる子もいます。これは、自立心の表れです。

子猫のときには、母猫や兄弟猫と一緒に寝ます。そのため、母猫や兄弟猫の代わりに飼い主と寝ます。

しかし、成猫になると自立心が芽生え、大人の猫として縄張りを意識し始めます。そのため、飼い主と一緒に寝なくなるのです。

また、もともと猫は警戒心が強いというのは、よく聞きますね。飼い猫でも本能が強く残っている猫だと、警戒して一緒には寝てくれません。

一緒に寝るには?

これまでご紹介したように猫は快適な場所にいるのが好きです。一緒に寝るのであれば、猫にとって快適な場所にすれば、一緒に寝ることも増えます。

しかし、いきなり布団の中で一緒に寝ることは難しいものです。段階を踏んで、ちょっとずつ猫が一緒に寝ることを覚えてもらいます。

まずは環境を整えましょう。猫が好むベッドの条件は以下です。

  • 室温は、22度~24度くらい
  • モコモコしている場所(毛布など)
  • 狭い
  • 静か

この条件を満たす場所としては、「布団の上で人間の足の間」です。最初は「足の間」で寝ることを習慣にするといいでしょう。

猫も快適な場所であることを覚えてくれます。絶対に無理やり布団の中に入れることはしないでくださいね。

冬場になり、暖房を切ると、猫は寒くなるので布団の中に入ることも覚えます。足元に入る子もいますし、人間の頭の方に入る子もいます。

④ 猫との信頼関係が大切

「寝る」ということは、動物にとっては無防備な状態です。警戒して、緊張しているときには、絶対に一緒に寝てくれません。

猫が足元に入るのか、頭側に入るのかで、飼い主への信頼度がわかります。猫が顔を向けているか、お尻を向けているかでも信頼度がわかります。

足元に寝るというのは、まだ警戒しています。距離があるので、「襲われても逃げられる」という状態です。

反対に頭側に寝るのであれば、かなり信頼度は高いです。「自分に危害を加えない」ことをわかっている証拠です。

顔を向けている場合は、お尻を向ける場合に比べると信頼度は低いです。猫は視野が狭いため、後ろから襲われる可能性があるお尻は信頼している相手にしか向けません。

このことから、「頭側にお尻を向けて寝る」のが最も信頼されていると言えます。

まとめ

猫と一緒に寝るのは、猫を飼っている人ならやってみたいことの1つだと思います。しかし、猫に無理強いするのは、信頼を失うことになります。

まずは、冬場に快適な環境を作り、布団で寝ることに慣れてもらうのがいいでしょう。毎日快適な場所で寝ることを覚え、信頼度がアップすれば、自然と布団に入るようになります。

筆者の猫は、夫との間で寝ます。夏場でも枕元で寝ています。筆者の顔を見ながら、夫にお尻を向けています(笑)

ということは・・・信頼度は、まだまだ夫にはかなわないようです。みなさんも、頭側でお尻を向けて寝てもらえるよう、猫ちゃんの信頼を得てくださいね。