『固まる派!?固まらない派!?』猫砂の種類と特徴について

お手入れ

みなさんの飼っている猫ちゃんはどんな猫砂が好きですか?

筆者は、いろいろと種類を変えて、猫にも飼い主にもいいと思えるものを探しました。

「排泄」は動物にとっては、重要な行動です。トイレが嫌いで、粗相をしたりする猫もいますし、トイレを我慢して体調が悪くなることは避けたいですよね。

今回は、猫砂の種類別に、固まりやすさ、重さ、粒の大きさ、価格を比較してみました。

固まる派にオススメの猫砂

① 鉱物系

固まりやすさ 非常に固まりやすい
重さ 非常に重い
粒の大きさ 小さい
価格 安い

自然の砂に近い、小さい粒なので、最も猫が好む砂と言われます。重さがあるので購入するなら、インターネットの方がいいかもしれません。

がっちり固めるおかげで、臭いがあまりしません。鉱物系の砂は、その固まりやすさからの人気ですね。

ベントナイトという成分の砂で、鉱物なので燃えません。自治体によっては、燃えるゴミとして出すこともできるようです。また、水に溶けないのでトイレに流すことはできません。

重みがあるので、飛び散りは少なめです。粉塵が舞うため、人間、猫ともに吸い込むことで呼吸器系の病気を起こすことがあるようです。

猫が誤って食べてしまい、胃に溜まってしまって手術になった例もあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ライオン商事】ニオイをとる砂 5L
価格:642円(税込、送料別) (2018/8/15時点)

② おから系

固まりやすさ やや固まりやすい(商品による)
重さ 中くらい
粒の大きさ
価格 やや高い

商品にもよりますが、鉱物系ほど固まりませんが、ボロボロと崩れるほど固まりにくいこともないです。

おからなので、猫が食べてしまっても少量なら大丈夫です。もちろん添加物などが入っている可能性もありますので、大量に食べてしまうのは危険です。

粒が中くらいなのですが、結構飛び散りは気になります。燃えるゴミとして出せますし、トイレに流せるものもあります。開けるときに粉塵が舞うので、吸い込んでしまうこともあります。

おから独特の匂いがあり、そこにおしっこが混ざるとかなり臭います。夏場は虫が湧くこともあるので、掃除をこまめにする必要があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

常陸化工 おからの猫砂 グリーン 6L
価格:599円(税込、送料別) (2018/8/15時点)

固まらない派にオススメの猫砂

③ 紙系

固まりやすさ やや固まりにくい(商品による)
重さ 非常に軽い
粒の大きさ 中~大
価格 安い

再生パルプを使っているので、環境にも優しいです。紙なので、燃えるゴミとしても出してOKですし、トイレに流せるものも多くあります。

軽いので女性でもラクラク持ち帰りできます。また、おしっこの色が確認しやすいという他の砂にはないメリットがあります。

紙なので、おしっこの塊を取り残すと、臭いはきつくなります。消臭できるタイプもありますが、猫によっては砂の香りで好みが分かれるようです。

紙という性質上、固まりにくいという点はデメリットになるかもしれません。

大きめの粒なので、猫の肉球に挟まって、結構散らばります。粉塵はそこまで舞いませんので、吸い込んでしまうことはありません。

④ 木系

固まりやすさ やや固まりにくい(商品による)
重さ 軽い
粒の大きさ 小~中
価格 やや安い

木系の砂は、ヒノキの香りのものなどがあります。消臭力はなかなかのものです。猫の好みにもよりますが、香りが強すぎると使ってくれない猫もいるようです。

固まりにくいのが難点ですが、ものによってはおからの砂と同等くらいには固まります。軽いし、安いので、飼い主の購入は楽ですね。

燃えるゴミにも出せますが、トイレには流せないものと流せるものがあるのでご注意ください。

砂が軽いので、飛び散るのは避けられません。開けた時は、鉱物系やおから系ほど粉塵が舞うことはないです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイリスオーヤマ ウッディフレッシュ 猫砂 7L
価格:513円(税込、送料別) (2018/8/15時点)

固めずに吸収する猫砂

⑤ シリカゲル系

固まりやすさ 固めずに吸収
重さ 軽い
粒の大きさ 中~大
価格 高い

ここまでの砂と違い、固めるわけではなく、水分を吸収するタイプの砂です。おしっこを吸収すると、色が変わります。

飛び散りやすいという感想と意外に飛び散らないという感想がありますが、粒の大きさによって違うようですね。

気をつけなければいけないのは、誤飲です。シリカゲルを飲んでしまうと危険ですので、誤飲の可能性がある子猫などは避けた方がいいでしょう。

燃えないゴミとして処理が必要ですし、トイレには流せません。なんと、洗って再利用もできるようで、価格は高めですが、実際コスパはいいのかもしれません。

面倒でない方は、繰り返し猫砂として再利用しているようです。

まとめ

筆者は、最初はがっちり固める鉱物系を使っていました。鉱物の砂はガチガチに固めてくれるので、掃除が非常に楽だったのです。

しかし、うちには何でも拾って食べてしまう子がいて心配になり、最終的におからの砂にしました。臭いは結構しますが、その子は今でもおからの砂を食べてしまうことがあるので、仕方ないなあと思っています。

シリカゲルの砂も使ってみたい気もするのですが、安全性を考えると無理ですね。今では、おからの砂でも粒の小さいものがあるので、それに変えたところ、5匹とも気に入ってくれたようでホッしています。

掃除が大変とか、安いとかいろいろと選択の基準はあると思います。でも、猫にとっていいものをと考えるようになりました。人間だって嫌なトイレで用をたすのは気分が悪いものですよね。

猫砂もどんどん改良されて、いいものが売られています。猫ちゃんが気に入っていて、飼い主さんも満足できる猫砂が見つかるといいですね。